今日は、俺の話を聞け!!LT大会 #9に行ってきました。

会場はベガコーポレーションさんでした。
家具通販の会社だけあって、イベントスペースの家具もおしゃれな雰囲気で椅子の座りごごちも抜群でした!
飲み物、おつまみも提供していただいたようで、ベガさんさまさまです。

ベガさんのオフィスは9階でした。
個人的な話ですが、高いところが好きな私にはうれしい環境でのイベントでした。
眺めがいいと気分がいいです。

そんな素晴らしい環境で行われた、LTの内容をいくつか纏めてみようかと思います。
いくつか取り上げていない内容もありますが、私の知識不足であまり理解できなかったためです。
質が低かったとか、内容が気に入らなかった、という訳では全くありません。
紹介しきれなかった登壇者の方々はごめんなさい。


Angular Elementsで作るCustom Element

本日一発目のLTです。
登壇者はpondayさん
ラッコのプロフィール画像が可愛らしいです。


angular

Angularの機能で、Angularで作ったアプリケーションをそのままHTMLタグにできる?らしいです。
Routerなど、Angularが提供している機能もタグにできるそうなので、ちょっと便利そう。
しかも、ReactやVue.jsとの共存も可能です。

ただ、まだ発展途上の技術なので、デメリットもあります。
まずつらいのが、容量が大きいです。
サンプルコードの、主な処理が1つしかないプログラムでも200KBあったそうです。
さすがにこれは大きい。

また、safariでは動かなかったそうです。
今後対応が進んでいくのかもしれませんが、まだ実用段階にはないのかなー、という気がしました。


温泉️について語る

2本目の登壇はkeigo_miyasueさん
タイトル通り、全くもって技術の話はありませんでしたw


温泉

最初に「温泉好きな人?」と聞いた時に、会場の大部分の人が手を挙げていたのが印象的でした。
そんなホーム感に会場が包まれたところで、発表がはじまりました。

baspoというサービスがあるそうです。
月額980円~で、日本全国の温泉・スーパー銭湯の統一回数券のようなものになってくれるイメージでしょうか。
結構身近な温泉も対象になっていて、いいサービスを見つけたと思いました。

また、突然の福岡県温泉ランキングが発表されました。


第3位 那珂川清流


那珂川清流

雰囲気の良さそうな温泉ですね。
非常にいい湯なんですが、車が無いと超絶不便な所に位置しているため、アクセス面がネックとなりこの順位。


第2位 波葉の湯


波葉の湯

こちらはアクセスも良好で、さらに湯の質も素晴らしいそうです。


第1位 天拝の湯


天拝の湯

映えある1位は天拝の湯です。
keigo_miyasueさんの自宅から近いので、よく行っているそうです。
アクセスの配点の比重が大きい気がするw


番外編 山茶花の湯


山茶花の湯

佐賀ですが、あまりにも素晴らしい湯のため紹介されていました。
ここは私も行ったことがあるのですが、確かにいい温泉でした。


また余談ですが、温泉のHPはどこもHTTPだったそうですw
もうじきHTTPS対応してないサイトは、主要なブラウザで表示できなくなるので大変です。
全国の受託IT企業のみなさん、営業チャンスですよ!

大人のニンテンドーラボ

下ネタみたいなタイトルの登壇者は、YusukeShinoharaさん

内容はいたって真面目でした。
ニンテンドーラボにトイコンガレージというコンテンツがあるそうです。
論理演算の考え方を、ゲームを通して学べるというやばい代物です。
これで子供の頃から遊んでた世代がいずれ大人になると思うと、危機感に襲われます。


トイコンガレージ

さて、登壇の主題は、タイマーを作ったというものでした。
なんで作ったかというと、トイコンガレージにはタイマーが無かったからだそうです。

作り方がイケてました。
振り子のプログラムを書いて、それをOpenCVで読み取ってカウントするというものでした。

なんでここまでがんばったんでしょうかw

結果としては、ちょっと誤差が大きかったようですね。

  • 空気抵抗
  • 振り子の等時性の破れ
  • 振り子の球を大きくし過ぎたことによる誤差
などが原因だと分析されてました。
次回作に期待ですね。

引っ越しにGitHub使ったら、便利だった話

登壇者はKohei Niimiさん

GitHubのタスク管理機能を、引越しで活用してみたというお話でした。

引越しは雑務が多いので、うっかり忘れてしまうことがありがちです。
そこで、プロジェクト機能を活用して纏めておくことで、作業の全体感や進捗の把握がしやすかったそうです。

また、引越し屋さんや不動産屋さんの連絡先など、引越しでは覚えておくべき情報が結構あります。
それをREADMEにまとめておくと、いつでもみんなが確認しやすくて便利だったそうです。

GitHubの

  • Issueが書ける
  • みんなが確認できる
  • 履歴が残る
という特性は、プログラミング以外の様々な作業に対して応用できそうですね。

たのしいヘボコン

noma1230さんの発表です。
はじめてのLTだったそうですが、とても面白い登壇でした。

ヘボコンに参加してきたよ!という内容でした。
へぼこんは、技術力が低い人のためのロボコンです。
遠隔操作やAIなどは、ハイテクペナルティもあるそうですw


へぼこん

登壇者のマシンは、台車にフィギュアをてんこ盛りにしたものでした。
非常なローテクで作られていて、総制作費は500円くらいだったそうですw
結果は残念ながら初戦敗退だったそうですが、熱戦を繰り広げていました。

ヘボコンは観ているだけでも面白いコンテンツなので、ググってみるといいかもです。
私もいつか出てみたいな。

アウトプットするネタの探し方

司会進行をされていたmya-akeさんの発表でした。

頻繁に登壇やブログ投稿、執筆などアウトプットをされているようです。
そういった際のネタ探しをどうやっているかがテーマでした。

主な情報源は、

  • Twitter
  • 職場
  • イベント
だそうです。

こういったところで、「〜が分からない」「〜ってどうするんだろう」といった意見を集めたりされているそうです。
他にも、自分や周りが苦戦したポイントや、イベントの懇親会での会話もいいネタになるそうです。

情報源はいろいろありますが、つまりはみんなの疑問や困っているところを調べて、アウトプットされているわけですね。
私も今まで無意識にそのようなことをしていましたが、うまく言語化してもらえました。

また、アウトプット先としてLTをオススメされていました。
なぜなら、締め切りがあって、かつ気軽に申し込めるからです。

そして、LTする場としては「俺の話を聞け!!LT大会」がオススメだそうですw
内容未定で申し込めて、テーマの縛りもなく、初めての人用の登壇枠もあり、LTをしやすい環境が整っています。
いいネタを見つけて、どんどんアウトプットしましょう!

おわりに

初めての人でも発表しやすい、いいイベントだなーと思いました。
最後の登壇にあるように、発表しやすくするための工夫がされているんですね。
懇親会に参加できなかったのが残念でしたが、また行きたいですね。

ところで、上記のような特徴は「福岡理学部」も同様に備えています!
毎回なんとなくテーマを定めていますが、「SF」がテーマだと言っているのに「天気」や「ゴリラ」の発表がされたりする、自由なイベントですw
現在は毎月1回以上開催しており、登壇者も毎回募集していますので、ぜひイベントページをのぞいてください!